雑が喰おう

日本で選挙のときに政治家を選ばない選挙が行われたことがある


選挙といえば、国民民の代表である政治家を選ぶものである。
しかし、昭和26年と、27年の2回、政治家を選ばない全国一斉選挙が行われたことがる。
何を選ぶための選挙だったのかというと、太平洋戦争中や戦後から配給制だったため、お米屋さんが街から姿を消した。
そして、配給制が終了するのに伴い、信用のある人を選ぶために、お米屋さんなりたい人が立候補し、お米屋さんを選ぶ選挙が行われた。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事