雑が喰おう

畳の寸法は織田信長が決めた


畳にはいろんな寸法があるが、現在使われている畳の寸法は織田信長が決めたといわれている。
なぜ、戦武将の織田信長が畳の寸法を決めたのだろうか。
それは、槍や刀、砲などの攻撃に対する防御をするため。
畳を立てて、身を守るようにするときに、身をすっぽり覆い隠せるような寸法にした。
忍者が登場するようなシーンでよくある畳替えしですね。その畳の寸法を織田信長が決めたと言われています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事