雑が喰おう

戦乱の世の家庭には生首が家の中にあっても平気だった


戦国時代、男は戦に出かけて、手柄を立てるために敵陣武将の首を取って帰ってきていた。
その生首をただたんに、倒したとして見せるのではなく、位の高い人物の首を取ってきたと見せるために、持って帰ってきた生首を女房や母親など、一家で化粧をしキレイに見せるようにしていたのだとか。
今では考えられない話ですが、家の中に生首があっても平気な時代だったのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事