雑が喰おう

京都の銭湯は水風呂の設置率が日本一


京都銭湯には大抵水風呂が設置されてある。
そして、京都の水風呂は地下水であることがほとんど。
なぜならば、地下水は年間を通して水温がほぼ15度で保たれてあるからなのだ。
もし、水道水で水風呂を設置した場合、同じ水でも、水道水ならば、夏場は30度近くまであがり、逆に冬場には5度近くまですい本が変化してしまうからなのだ。
そのため、水温調節の必要がない地下水を利用しての水風呂はコストがかからないので、京都の銭湯は水風呂設置率が日本一といわれているのだ。
ちなみに、どれほど京都に地下水があるのかというと、何百億トンもの水が今も存在しているのだという。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事