雑が喰おう

シンガポールでは、水溜りを7日間放置していると罰金刑


シンガポールの気候は、熱帯雨林気候で、マラリア、デング熱といった伝染病が社会問題ななっているでもある。
水が溜まっている場所があると、ぼうふらなどが育ってしまう環境が原因で伝染病が蔓延する可能性もある。
そのため、自分の所有する土地に、水が溜まってしまった場合、7日間以上放置していると、法律違反になり、罰金になる。
同じ理由で、水の入ったバケツを置いておくというようなことも法律違反になるのだという。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事