雑が喰おう

フランスパンは一種類だけではない


一言でフランスパンといっても、種類はさまざまある。
一般的に日本でフランスパンと言われるものは、バゲッド。
バゲッドよりも大きいものをパリジャン。
パリジャンの半分くらいの40cmほどのものをバタール。
一人分ほどの大きさのものをクッペという。
そして、クッペが、日本のコッペパンの語源と言われている。
同じ材料でも、長さや形によって名前は様々あるのがフランスパンなのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事