雑が喰おう

石油から重油やガソリンはどうやって取り出されているのか

石油から重油やガゾリンが作られているのは知っているが、一どうやってつくられているのだろうか。
それは、石油を加熱炉の中で350度まで熱し、熱された石油を蒸留塔の中に入れられて少しずつ冷やされる。
冷やすことで、温度により層が出来上がる。
240~350度では軽油。
170~250度では灯油、ジェット燃料。
35~180度ではガソリン、ナフサ。
それより軽いものはLPガス。
そして、蒸留塔の底に溜まったものが、重油やアスファルト。
といったように、蒸留塔は温度によって分けて取り出せるようになっているのだという。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: ,