雑が喰おう

ニッセンがカタログの発行にかけている費用は200億円

雑誌通販の大手メーカー、株式会社ニッセンは店舗を持たないので、商品カタログがお店のようなもの。
そんなニッセンでは、5シーズンごとに、年齢・趣向に合わせて約30種類ものカタログを年間約1億冊以上発行しているのだという。
ニッセンの商品カタログは無料だが、もちろん、商品カタログの発行にはお金がかかっている。
その費用は、年間約200億円になるという。それをすべてニッセンが負担しているのだから驚きだ。
しかし、ニッセンの通信販売での売上は、年間約1200億円というから、十分元は取れているようである。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事