雑が喰おう

ウサギを1匹ではなく、1羽と数える理由


ウサギは鳥ではないのにもかかわらず、1匹、2匹とではなく、1羽、2羽と数えていく。
これは一なぜなのか?
昔から気になっていた人も多い事柄の一つではないかと思います。
長い耳が羽のように見えたから「匹」ではなく、「羽」と数え始めたと思っている人もいるかもしれない。
しかし、本当の理由は仏教に秘密が隠されている。
江戸時代、仏門の世界では4本足の動物を食べてはいけなかった。
しかし、ウサギを食べたかった日本人はウサギを、「う」と「さぎ」に分けてサギの仲間だということにし、鳥だとした。
そうすることで、鳥なので食べても大丈夫ということでうさぎを食べていたのだという。
その時の名残から、今でもうさぎを「匹」ではなく、「羽」と数えるのだ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事