雑が喰おう

あなたが食べている梅干は本来の梅干ではないかもしれない


最近スーパーなんかでは減塩梅干なんてものが減塩思考に伴なって増えている。
その減塩梅干と梅干の名称を見比べてみたことがあるだろうか。
塩分濃度が20%の梅干はの名称は梅干とかかれているが、減塩梅干の名称は調味梅干と書かれている。
この、調味梅干というのは一何なのか。
そもそも、梅干を作る方法とは、完熟した梅の実を塩につけ、梅から水分を出して塩を馴染ませる。
そのときに出てきた水分が梅となる。そして、水分を出された梅の実はさらに、天日に干し、塩分濃度をあげる。
これは、塩分濃度をあげて保存性を高めるためである。そして、塩分濃度は20%になる。これが本来の梅干。
それに対し、調味梅干は、塩分濃度が20%の梅干を原材料として、まず、水につけて塩分を抜くことから始まる。
だいたい塩分濃度が10%くらいまで塩抜きされた梅干は、梅の成分まで一緒に抜かれてしまうので、酢・アミノ酸・甘味料などの調味液に漬けて味を調える。
こうして塩分濃度の低い減塩梅干ができある。
なので、調味梅干が主流になった現在、本来の梅干を食べたことがない人が結構いるのだそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事