雑が喰おう

昔のスイカの食べ方は今とは違っていた


古代エジプトでは、スイカの食べ方は現在の食べ方とは違っていたのだという。
その食べ方とは、なんと種を食べる食材だったのだという。
そもそも、現在私たちが普段食べているスイカは品種改良されたものなので、スイカの原種とは大きく違っている。
現在のようなスイカができたのは、今から3000年くらい前に地中沿岸でスイカの栽培が広がった頃からだそうです。
そんな現在のスイカのような品種が出来る前は、種を食していたのだという。
ツタンカーメンの墓からスイカの種の入った箱が11箱でてきたというくらいだから、結構食べていたようだ。
因みに、現在でも中国などでは種を食べる用に栽培されるスイカの品種があるそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事