雑が喰おう

古代ギリシアではバターは食べ物ではなく、整髪料として使用していた


古代ギリシアではバターは食べ物ではなく、整髪料として使用していたのだという。
その事実は、今から2500年ほど前に歴史学者のヘロドトスという学者が書いた『歴史』という本の中に書かれているのだとか。
その時代には既に地中にオリーブオイルが発明されていたので、バターは料理などでしようされることはなく、髪のつやを出すもくてきとして使用されていたようです。
そしてさらに、バターは痛の時には、ハチミツと混ぜて患部に塗っていたという。
バターとハチミツで歯痛が治ったのだろうか…。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事