雑が喰おう

世界一長く続いている老舗企業は日本の企業

最近では、企業の寿命は30年だとか5年だとか言われている。
そんな中で100年以上続いている老舗と呼ばれる企業は世界的に見ても日本は多い。
中でもずば抜けて長い企業がある。
なんと、推古天皇、聖徳太子の時代、西暦578年の飛鳥時代から続いている企業なのだ。
その企業の名前は、金剛組という建設会社で、世界最古の老舗企業になり、創業1429年にもなる。
もちろん、現在もある会社です。社長はプレッシャーが凄そうですw

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事