雑が喰おう

炭酸飲料に含まれる炭酸ガスの量は種類によって違う


炭酸飲料といえば、ジュースやビールと炭酸水などいろいろと商品も多い。
しかし、それらの炭酸飲料に含まれる炭酸ガスの量は種類によってさまざまなことをご存知か。
少ない方から順に、ビールで520ml、炭酸水は710ml、炭酸ジュースでは920mlの炭酸ガスが入っている。
それら量が違うのは、製造過程での炭酸ガスの注入方法にあるのだという。
ビールの場合は、酵母を入れて発酵するさいに、二酸化炭素を排出されるので、炭酸が生まれる。
天然の炭酸水の場合は、火に含まれる炭酸ガスが地下水に溶け込んで出来る。
炭酸ジュースの場合は、人工的に炭酸ガスを圧力をかけて溶かしている。
また、炭酸ガスは、熱があると溶けにくい性質なので、炭酸飲料は冷たい飲み物しかない。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事