雑が喰おう

江戸幕府の役人は二日働くと次の日は休みだった

現代社会において、働きすぎによる過労が問題になっていますが、江戸時代の役人は今から考えるとなんとも羨ましい労働条件だったようです。
というのも、江戸幕府の役人は、二日働くと、一日休めるという労働条件だったというのです。
実はこれには理由があり、江戸幕府を開いた徳川家の家臣の数に対して、幕府の役職が非常に少く、勤務内容を数人で分担して行うというなんとも楽な就業形態だったのだという。
いまでもお役所仕事ではそんなに働いてない人がいそうですが、今よりもある種ひどいものがあったのかもしれませんね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事