雑が喰おう

秋刀魚を焼く時に内臓をとらない理由

焼きをするときには大抵、排泄物が残っている内臓を取り除いてから焼く。
しかし、秋刀魚を焼く場合、内臓をとらずに焼くうえに、中には内臓を食べる人もいる。
なぜ、刀魚を焼くときには内臓を取らないのだろうか。
それは、秋刀魚が食事をしてから排泄するまでの時間が短いから。
タイなどの魚の場合は、などの器官がちゃんとあるので消化に時間がかかるが、秋刀魚は胃と腸の区別がない消化官なのだ。
そのため、消化が早く内臓に排泄物が残りにくいので、秋刀魚を食べるときに内臓を取り除かなくてもそのまま食べられる。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事