雑が喰おう

ペットボトルのお茶だけが泡立つわけではない


最近ではペットボトルに入ったお茶というのは珍しくなく、むしろ主流になっていますね。
飲みかけのお茶をそのままバッグに入れて移動することも多いのではないでしょうか。
ところが、次にまたお茶を飲もうと思うと泡が立っていることが少なくないでしょう。
なぜペットボトルのお茶は泡がたつのでしょうか。
泡が立っているとなんだか飲みたい気持ちも薄れてしまう人もいるかもしれません。
しかし、お茶が泡立つのは別に何か悪いものが入っているだとか、ペットボトルに入っているからという理由ではないのだそうです。
お茶が泡立つのは、お茶に含まれる『サポニン』という物質のせい。
サポニンには、洗剤や石鹸と同じ界面活性剤としての性質があり、泡が立つのです。
といっても、サポニンは石鹸や洗剤と同じ性質なだけで身体に害があるわけではないので心配無用です。
因みに昔は茶の実から搾った油を、石鹸やシャンプーとして使っていたそうで、今でも茶の実シャンプーという商品もあるそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事