雑が喰おう

本業界に関する時代変化

 ここ数日発売されている雑誌などで『2005年よりコミックス・書籍にも“貸与権”が適用されます』というアピール分を見かけることが多いのではないだろうか。貸与権とは

著作者がその著作物を複製し公衆に貸与しうる権利。主としてレコード・楽譜・ビデオなどの複製物が対象となる。
三省堂提供「デイリー 新語辞典」より
【国語辞典 英和辞典 和英辞典 - goo 辞書】

 とある。平たく言えば、勝手にレンタルされない権利ということらしい。身近で貸与権があるものと言えば、CDやビデオ、DVDなど営利目的でレンタルしている会社があるものだけでも結構ある。しかし、漫画家や小説家などの先生たちには貸与権がいままでなくレンタル店などから何の還元もなく、「それはおかしいのではないか」と『21世紀のコミック作家の著作権を考える会』が運動をはじめ、今年の六月三日に国会で成立した『改正著作権法』によって漫画家や小説家にも貸与権がみとめられることになったというものである。続きを読む