雑が喰おう

妊娠中の口腔ケアについてまとめ

妊婦歯科健診が無料で受けられるようになりました」でも触れましたが、妊娠中の妊婦歯科健診は重要ですが、普段の口腔ケアも大切です。
口腔ケアが問題なくできていれば、妊娠中の口腔トラブルは恐れることないでしょう。

とはいえ、妊娠中のホルモンバランスの変化などもありますし、つわり中の妊婦さんはにおいに敏感になったりと口腔ケアとくに歯磨きが辛い時期もあります。

それまで問題なく使用していた歯磨き粉のにおいでさえ苦手に感じることもあります。

そんな妊娠中の口腔ケアについて、調べてみましたのでご紹介。
続きを読む

妊婦歯科健診が無料で受けられるようになりました

現在高知県では、妊婦の歯科健診が無料で受けられるそうです。
3年前には補助制度なかった気がします。
もしかしたら、補助事業を知らなかっただけで、当時も行われていたのかもしれません。
だとしたら、損だ。
現在またはこれから妊娠を考えている人のためにもちと調べてみました。
続きを読む

妊娠計画中の人に教えたい「妊娠したら、トイレットペーパーを買いにいけ」

実は相方が妊娠しています。
5ヶ月目に入って、安定期になりました。
風邪をこじらせてしまって、ちょっと心配しています。

そんな妊娠期間中を過ごしているのですが、その中で勉強したこと、感じたことなど紹介できれば今後も断続的に公開したいと思います。

まず、妊娠したかな?と思ったら、市販の妊娠検査薬でチェックしたり、産婦人科を尋ねたりするでしょう。
そして妊娠が確定したら、役所に行って母子手帳を貰ってくるように指導されると思います。
ここまではいいでしょう。

ここからが、私からのアドバイスです。

続きを読む

コーヒーはもともと食べ物だった


コーヒーは現在のように飲み物としてではなく、食べ物として食していたのだという。
その製法は、コーヒー豆を粉末にして、バターと混ぜ、団子状にするといういたってシンプルな作り方。
コーヒー豆をすりつぶしただけなので、味はかなりコーヒー豆そのものを食べているような感じ。
そうやって食していたコーヒーが飲み物とされるようになったのは、今から1000年ほど前に、イスラム教徒の人たちが、食べ物だったコーヒーを溶かして飲んでみると、眠気がなくなたことから、眠気覚ましに飲まれるようになったといわれている。
他にも、コーヒー豆を発酵させてお酒を作っていたが、イスラム教ではお酒が禁止されているので、コーヒー豆を焙って発酵しないようにした。
それを粉にして飲んでみたらおいしかったので好まれるようになったとかいわれている。
眠気覚ましにコーヒーとはかなり昔から知られていたことだったんですね。でも飲みすぎには注意しましょう。
特に妊婦さんは体を冷やすので避けた方が良いそうです。