雑が喰おう

イチゴの果実は赤い部分ではない

イチゴが嫌いと言う人はあまりいないのではないでしょうか。
子どもの好きな食べ物ランキングの上位に必ずいてそうなイチゴですが、イチゴの果実だと思っていたあの赤いのは果実ではないって知っていましたか?

といっても、イチゴの果実を食べると言って、食べても間違いではありません。
なぜならば、イチゴについているごまのようなつぶつぶ、あれが果実だからです。

あのごまのようなつぶつぶをイチゴの種だと思っている人は多いのではないでしょうか。
では、赤い部分はなんなのかというと、花托(かたく)という部位になります。
花托とは、花弁や雌しべがつく部位になります。
イチゴはその花托が肥大したものなのです。

でも、果実部分ではないのに、あまずっぱくて美味しいからいいや。

青二才の語源

青二才の青いとは、熟していない果実の事で、青二才の二才は、魚からきている。
魚から二才?と思うかも知れませんが、スズキやボラは、二年、三年で成長する魚でその成長魚の呼び名、二才子から来ているのです。

続きを読む