HDDフォーマット規格はexFATに統一することにした

雑記帳
スポンサーリンク

今までHDDのフォーマットと言えば、NTFSでした。

最近の外付けHDDは購入当初からNTFS規格が多いとは思いますが、FAT32規格の時はフォーマットしなおしていました。

理由は単純で、4GB以上のファイルを作成できないから。そう簡単に4GB以上のファイルというのは作成する機会も少ないですが、動画などを扱っているとすぐに数ギガのファイルになってしまいます。

そんな理由で、Windowsばかりを使用していたここ数年間はNTFS規格ばかり使用していました。

ところが、ここにきて問題が発生しました。


あれ?もしかして海外サーバーのサイト・・・?とモニターを覗き込む男性

サブマシンとしてMacBook Airを導入したことです。
Windowsとのファイル共有でコピーするだけなら問題はなかったのですが、移動や、削除ができないのです。

MacはNTFSに対応していなかったのです。

解決方法として一番手っ取り早いのは、規格をFAT32にすることですが、これだと4GB以上のファイルが扱えなくなります。
WindowsとMacとのファイル移動を優先するか、4GB以上のファイルを優先するか、難しい選択にせまられました。

わからないことはとりあえずGoogle先生に聞け」という祖母の教えに従いGoogle先生に尋ねたところexFATという規格を教えてもらいました。

exFATでは、ファイル容量の制限がだいぶ大きく、WindowsとMacどちらにも対応しており、良いことずくめのようです。
欠点らしい欠点といえば、古いOSには対応してないとのことですが、逆に古いXP以前のような古いOSを使うことのほうが皆無なのでもんだいはなさそうです。

ということで、現在HDDにはいっているファイルの移動が終われば、exFATにフォーマットして運用したいと思います。

参考:ファイルシステム(NTFS、exFAT、FAT32、FAT16)の違いについて | BUFFALO バッファロー

コメント

タイトルとURLをコピーしました