Theme Test Driveを導入して実際の環境で表示テストするようにした

ソフト
スポンサーリンク

WordPress Logo
WordPress Logo / Phil Oakley

Gitでブログテーマを管理するようにしましたが、このままでは何かが違います。

いくらGitでテーマを管理しても、それがOKなのかどうかテストしてからではないと公開できないということ。

これって当たり前のことなんですけど、めんどくさい。

正直な話、私はローカル環境でテストをしていません。
すでに公開し、使用しているテーマファイルを修正しても、テストを行わず、そのままテーマファイルを上書きアップロードして表示を確認しています。

これはホントはよくないやりかたです。
例えばそのことで不具合があったら以前のヴァージョンに戻さなくてはなりません。
その間に訪れたユーザーに申し訳ないほどの表示崩れも否めません。

そのため、基本的にはローカル環境でテストを行い、問題なければ公開するというのが基本です。

でもこれホントめんどくさい。

そもそもローカルに同じ環境をつくらないといけないですし、WordPressってphpだしデーターベース使用しているし、なんだかめんどくさそうです。

そこでなにかいい方法ないかなぁと探してみると、ありました。

WordPressにTheme Test Driveというプラグインを導入することで解決する方法です。

WordPress › Theme Test Drive « WordPress Plugins
via:すでに公開しているブログの背後でテーマをテストできる WordPress Theme Test Drive | Lifehacking.jp

Theme Test Driveはログインユーザーにのみ、指定のテーマでの表示を行い、一般のユーザーには現在使用しているテーマでの表示を行うプラグインです。

このTheme Test Driveの導入により、新しく作成したテーマファイルや修正したテーマファイルの表示テストを実際の環境でテストを行うことができるようになります。

私の場合は、現在使用中のテーマの複製を用意し、それをTheme Test Driveで指定。
そこに修正を加えたファイルを上書きアップロードしてテスト表示に問題がなければ、元ファイルにも上書きアップロードするようにしました。

複製し修正したテーマの方を公開し適応してもいいのですが、修正のたびにコピーするのもめんどくさいですし、上書きアップロードなら、FTPソフトが勝手にやってくれるので、めんどうが少なそうという理由だけです。

とはいえ、もともとやっていたことにちゃんとテストを行ってから公開するようにしたというだけなんですけどね。

これでまた一つテーマファイルの修正管理の煩わしさが軽減できました。

コメント

  1. […] gitでブログテーマを管理するようにしたし、WordPressにTheme Test Driveを導入して実際の環境で表示テストするようにもしました。 […]

タイトルとURLをコピーしました