プラグインを使わずにWordPressの自動保存とリビジョン機能を調整する方法

スポンサーリンク

wordpress-post-revision
wordpress-post-revision / denharsh

いつ導入したのか忘れたんですが、Disable Revisions and Autosaveというプラグインを導入していました。

一体何をするプラグインなのか自分でも忘れていたものなんですが、自動保存とかリビジョン機能を停止するプラグインです。

記事はWordPressの投稿画面で書くことはないし、編集履歴も必要としていないですし、リビジョン機能によってデータベースの肥大化を防ぐ意味で必要なものです。

しかし、これってプラグインでやる必要があるのかなぁ。と調べてみると、やはりありました。プラグインを使わずにする方法が。

wp-config.phpにコードを追加する

を参考にしました。
他にもいろいろありますので、ついでに設定してもいいかも。

[php]//自動保存の間隔調整
define(‘AUTOSAVE_INTERVAL’, 1800 );
[/php]
デフォルトは60秒らしいので、間隔を長くしたり、短くしたり。

[php]//自動保存の停止
function disable_autosave() {
wp_deregister_script(‘autosave’);
}
[/php]
自動保存自体を停止する場合には、こちらを使用する。

[php]//リビジョン機能の無効化
define(‘WP_POST_REVISIONS’, false );[/php]
false を数字に変更することで、リビジョン機能の保存回数を指定できます。

リビジョンのON/OFFは簡単に書き換えられますね。
なんで、自動保存の停止は書き方が違うんだろう。
シラネ。

コードは「wp-config.php」の
「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より前に

引用元:wordpressのリビジョンと自動保存を停止、回数制限する方法

とのことなので、wp-config.phpにコードを追加する際に、挿入場所に注意しましょう。
バックアップを取ってから作業したほうがいいかもね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました