HD-PGDU3Bが気になる話

News
スポンサーリンク

MacBook AirのHDDの空き容量が少なくなってきていて、外付けHDDの必要性がでてきています。
MacBook Airでの使用を考えているので、据置型の外付けHDDではなく、ポータブルHDDを考えています。

普段使わないようなファイルならば、Pogoplugなどのクラウドサービスに入れておけばいいのでしょうが、普段から使うようなものや、大容量のファイルを扱うにはクラウドサービスではまだまだ難があります。

特にPogoplugにおいては、ダウンロード速度が非常に遅いですし、外付けドライブやネットワークドライブとしてマウントできなくなったりして、メリットはHDD容量が無制限で年額費用が他より安いくらいしかありません。

そんなかんなで、外付けHDDのリサーチをちょこちょこ始めたのですが、ちょうどBUFFALOの新商品に胸躍らせるものがありました。

HD-PGDU3シリーズという製品です。

このHD-PGDU3シリーズのどんなところに旨躍らせたのかと言えば、ただ一つ。
書き込み速度が世界最速という点でしょう。

その書き込み速度は、400.7MB/sで、下手なポータブルSSIDよりも早いのです。
また、ハードウェアでの高速化を行っており、Windowsだけではなく、従来高速化ソフトが使用できなかったMacでも高速データ転送が可能になったとのことで、MacBook Airでも書き込みにストレスを感じることなく使用できそうです。
ただし、Macでの高速化は1GBのデータ転送までしか対応していないとのこと。

ん?
え?

例えば2GBのファイルを書き込みしようとしたら、どうなるってことなんでしょうか?
半分は高速で書き込んで、残り半分は従来の速度で書き込みするということなんでしょうか?

それとも、1GBを越えるファイルは書き込みできないってことなんでしょうか?
それはないとしても、つまりどういうことだってばよ?

つまり…どういうことだって

よくわからないのですが、どういうことなんでしょうか。
誰か教えてください。

まぁそれでも、従来品よりはMacでも書き込み速度速いんじゃないでしょうかね。知らないけどw

書き込み速度を有線して、新製品であるHD-PGDU3を購入するか。
もしくは、書き込み速度は劣るけど、耐衝撃性に優れ、価格もお手頃、価格.comなんかでもランキング上位であり、ただデザインがダサいというTS1TSJ25M3にするか迷うところです。

Amazonレビューに書かれてあるハズレを引いた時の衝撃には耐えられないでしょうしねぇ。いくら耐衝撃性に優れていてもねぇ。

HD-PGDU3は1TBのものが2万くらいでしょうから、高いですし、発売されてもすぐには買えないけど、ポータブルHDDは早めに入手したいんすよね。
悩ましいところです。

書き込み速度世界最速。 SSD並の高速転送なのに大容量 DRAMキャッシュ搭載超高速ポータブルHDDを発売 | プレスリリース

コメント

  1. […] 先日、HD-PGDU3Bが気になる話を書きました。 たぶん、実際にポータブルHDDを購入するまで、こういった記事を書くことが今後もでてくるかもしれません。 […]

タイトルとURLをコピーしました