WordPressの不要なヘッダ情報を消す

スポンサーリンク

WordPressのテーマファイルは自作しているのですが、表示されたソースを眺めていると、自分で設定していないメタタグがヘッダに含まれていました。

中にはプラグインが使用するCSSファイルなんかが自動的にヘッダに記載されたりするのですが、それすら理解していないまま、未知のメタタグが挿入されているのは気持ち悪いものです。

そこで、ひとつずつ理解していこうと思います。

今回気になったのはは以下のもの

  • fonts.googleapis.comからCSSをダウンロードしている
  • ヘッダにAdSenseとAnalytics
  • w3tc_popupadmin_bar
  • EditURI
  • list-style-type:decimal;
スポンサーリンク

fonts.googleapis.comからCSSをダウンロードしている

こんなメタタグがありました。

<link rel="stylesheet" id="open-sans-css" href="//fonts.googleapis.com/css?family=Open+Sans%3A300italic%2C400italic%2C600italic%2C300%2C400%2C600&amp;subset=latin%2Clatin-ext&amp;ver=3.9.1" type="text/css" media="all">

fonts.googleapis.comからCSSをダウンロードしているようです。
fonts.googleapis.comといえば、GoogleWebFontですが、使うつもりもないですので、消してHTMLコードを少しでも軽くし、不必要な読み込みをなくします。

将来的に使用するようになったら戻せばいいだけですので。

ってか自作テーマの元にしたテーマファイルに記述されていたんでしょうか。
WordPress本体で読み込むようにしているのかは不明です。

どうやら、デフォルトでWordPress自体が読み込んでいるようでしたので、以下のようにテーマファイルにあるfunctions.phpに記述して、読み込ませないようにしました。

テーマファイルにあるfunctions.phpに以下のコードをテーマファイルにあるfunctions.phpに追記します。

// スタイルシートを削除
remove_action('wp_head', 'wp_print_styles', 8);

これで、書きだされたヘッダには、fonts.googleapis.comからCSSをダウンロードしようとする記述はなくなっているはずです。

ヘッダにAdSenseとAnalytics

つづいて気になったのがこちら

<script async="" type="text/javascript" src="http://www.gstatic.com/pub-config/ca-pub-5187437081697376.js"></script>

もしやと思ったらやはり、GoogleAdSenseっぽい。
でもヘッダに入れたりしましたっけ?
プラグインで記述されているのかもしれません。

Google Publisher Pluginかなと思い、使っていないですし、停止させたのですが、表示は消えず…
試しにWordPressからログアウトしてみたりもしましたが消えず。
なんだこれ?

w3tc_popupadmin_bar

つづいてはこちら

 <script type="text/javascript"> function w3tc_popupadmin_bar(url) { return window.open(url, ”, ‘width=800,height=600,status=no,toolbar=no,menubar=no,scrollbars=yes’); } </script>

WordPressからログアウトすると表示されません。
なんなのでしょうか。名前からして、ログイン時に表示される管理用バーでひつようなんでしょうね。
私にしか関係ないから別にほっておいてもいいかな。

EditURI

つづいてはこちら

<link rel="EditURI" type="application/rsd+xml" title="RSD" href="https://b.hishitu.net/xmlrpc.php?rsd">

これは、XML-RPCですね。
するぷろみたいなのを使用してブログ記事を書く際には必須ですが、WordPressの管理画面からしか記事を書かない場合には必要ありません。
私も使い慣れたエディッターから記事を書きたいとは思いますが、仕上げには管理画面から行っていますので、必要ありませんので、消しておきます。

将来的に必要になれば、元に戻します。

// EditURIを非表示にする
remove_action('wp_head', 'rsd_link');

上記コードをfunctions.phpに追記します。
元に戻すにはコメントアウトするか、消すかします。

list-style-type:decimal;

つぎはこちら

<style type="text/css"> ol.footnotes li {list-style-type:decimal;} </style> 

これはもうプラグインですね。
脚注を表示するのに、WP-Footnotesというプラグインを使用しているのですが、そいつが吐いています。
これくらのCSSはテーマファイルのCSSに入れたいですね。

プラグインが吐き出すCSSやjsを読み込ませないようにする方法は調べたら載っていたのですが、ヘッダに書き込まれたstyleをけす方法がわかりませんでした。
どうすりゃいいんでしょうか。
面倒なので、もうWP-Footnotesを停止してやりました。

まとめ

今回修正を紹介した方法や、過去に紹介した方法以外にもfunctions.phpを修正していますので、雑が喰おうのfunctions.phpはブログで書いたことだけで成り立っているわけではありません。

将来的に自分自身がわからなくなりそうでちょっぴり心配です。

また、ヘッダにはChromeの拡張機能が原因じゃないかと思わるようなものもありました。
それを一生懸命調べていたのは秘密です。

タイトルとURLをコピーしました