Macでbin+cueを使う

スポンサーリンク

MacBook Airを使用するようになって困ったことといえば、CD/DVDドライブがないことでしょう。

特に、iTunesでは販売されていない音楽や、iTunesでも販売されている音楽アルバムでも、CD版の方が曲数が多いとか、購入特典がほしいという理由からiTunesでのダウンロード購入ではなく、CD版を購入したものの、CDドライブがないためにiTunesに取り込めずにいました。

とはいえ、手段がないわけではありません。
Windows機もあるのですから、そちらでリッピングするなりしてパソコンに取り込み、MacBook AirにあるiTunesライブラリに移せばいいだけです。

そこで、Windows機で取り込んだのですが、何を思ったのかmp3に変換せずに、イメージ化しました。

これが間違いの元なのですが、イメージ化したら音楽CDのため、isoではなく、bin+cueのイメージになりました。
そういや、音楽CDにはトラック情報があるので、cueがつきますわね。

それは特に問題ではなく、問題なのはbinファイル。

Macでは、isoならばそのままマウントできますが、binはマウントできません。
これを知らなかったために、ちょっと苦労しました。
一番簡単な解決方法はWindows機でmp3化してからMacに持って来なおせばいいのですが、一度取り込んだCDですので、片付けてしまい、出すのがめんどうでした。
距離にして10mもの先にあるのですから、おっくうですw

そこで、今あるbin+cueファイルを何とかしてMacのiTunesに取り込めないか模索した経緯を記しておきます。

スポンサーリンク

Macでbin+cueをマウントする

はじめに思いついたのがMacでbin+cueをマウントできるようにすればいいんじゃないかというもの。
しかし、調べてみると、WindowsではおなじみのDAEMON ToolもMac版は有料で無料のライト版も怪しげなものをインストールしようとするし、公式ではよくわからないしで、諦めました。

ほかにも、ToastというライティングソフトがMacでは有名どころのようですが、いかんせん有料ソフトで、現状としてDVDドライブもないのにライティングソフトを購入するのは何が違う気がします。
今、Toastを購入するくらいならば、Windowsマシンで音楽CDを取り込みしなおします。

ということで、Macでbin+cueをマウントする方法はあきらめました。

Macでbin+cueを変換する

続いて、bin+cueファイルをMacでも扱える形式に変換すればいいんじゃないかと思いました。

たとえば、bin+cueファイルをisoファイルなどに変換すれば、Macでもマウントできるはずです。
とはいえ、音楽CDはisoイメージにはできないからbin+cueでのイメージファイルに変換したのですから、他の形式に変換しなければなりません。

調べたなかで、一番簡単に導入できそうだったのが、bchunkでした。

bchunkでbin+cueを変換する

bchunkは、CDイメージを変換してくれます。
音楽CDイメージを個々のトラックファイルに変換したり、isoに変換したりとかしてくれるものです。

bchunkのインストール

bchunkのインストール方法は以下の3つの方法があります。

  • homebrew
  • macport
  • ソースコード

HomeBrewの場合は、

brew install bchunk

MacPortsの場合には、

sudo port install bchunk

homebrewとmacportどちらも使用していない私はソースコードから導入します。
まず、bchunk v1.2.0 – BinChunker for Unix / Linuxから、bchunk-1.2.0.tar.gzをダウンロードして、解凍。

ターミナルを起動して

cd /bchunk-1.2.0
make
make install

この時、Macにxcodeがインストールされていなければ、makeコマンドは使えません。
将来的にもこういうことってあるかもしれないので、これを機にxcodeをインストールしました。

それでもエラーが起こりました。

原因は、インストール先の問題です。
bchunkが作成された時期の問題か、Linux用だからか、/usr/local/binにインストールしようとしますが、現状Macでは/usr/binにインストールするのが正しいです。

cd /bchunk-1.2.0
make
sudo cp bchunk /usr/bin/bchunk

これで/usr/bin/にbchunkがインストールされてはずです。

bchunk の使い方

bchunkはすでにお気付きの通りUIをもったアプリではなく、ターミナルからコマンドを使用して使います。

コマンドを使用するとなるとちょっと敷居が高く感じますが、慣れてしまえば難しくありません。

ターミナルを起動して

chunk /hoge.bin /hoge.cue /hoge

これでisoに変換されます。
前から、イメージファイル、cueファイル、変換後のファイル名という形で指定します。
ファイル名には拡張子は不要で、自動的にiso拡張子がつきます。
また、binとcueと変換後のファイルにはパスを付けて指定してあげてください。

音楽CDイメージの場合、ここのトラックファイルに分けられて変換されます。
ただし、このままですと、cdr形式で変換されてしましますので、wav形式で保存するように、オプションを追加してあげます。

bchunk -w /hoge.bin /hoge.cue /hoge

他にもオプションは用意されていますので、圧縮ファイルのReadmeか、ターミナルからbchunk --helpで確認できます。

これで、bin+cueをwavファイルに変換できたので、これをiTunesにとりこめば、無事音楽を楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました