Shift_JISのみ対応です。

スポンサーリンク

とある案件(個人ごと)で、プログラムが稼働せずに、ここ数日 眠たい眼をこすりながら、時にはうたた寝しながら、原因が判らないそれにイライラしていた。

いろいろ試した結果、2009年で止まっていた私の知識および当時使用していたプログラムを信用せず、改めてツールの導入をしなおしていたら、動き出した。
もう少し細かいとろこを修正したら、やりたいことが完了というところで、一部プログラムが動かないことを確認。プラグイン部分だ。

私は、基本的に文字コードはUTF8を使用している。
普段からSublimeTextを使用しているので、半強制的にUTF8だ。
コーディングする人ならば、たいていそうだろう。あれらは基本的にUTF8しか受付なかった気がする。

私のコーディングっていってもWordPressのメンテくらいなんだけども、他にもビジネス現場でも文字化けを回避するために、UTF8を心がけている。

先述のプログラムでもそうだ。

ところが、一部動かないプログラムのプラグインの仕様書を読んでいると。

Shift_JISのみ対応です。

という記述を発見。

はぁ!?
プログラミングの世界ではUTF8が基本じゃないのかよ。
日本人ユーザー向けにShift_JISをサポートする場合はあっても、Shift_JISのみサポートとか想像すらしてなかったわ!
Shift_JIS 爆発しろっ!

はぁ…早くお家に帰って、Shift_JISで保存しなおして、プログラム動くか確認したい…。

タイトルとURLをコピーしました