平成26年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 公開

News
スポンサーリンク

そろそろ年末年始作業の準備に本腰を入れ始める頃ではないでしょうか。
年末作業といえば、年末調整がその代表各だと思います。

国税庁では、さっそく平成26年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引が公開されています。

平成26年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引
平成26年分の給与所得の源泉徴収票の様式は平成25年分から変更はありません。

注意すべきところは、画像にもあるように、源泉徴収税額の欄には、所得税と復興特別所得税の合計額を記入するようにすることくらいでしょうか。
とはいえ、普段から源泉額を復興特別所得税も含めて徴収しているでしょうから、戸惑うこともないものと思います。

近々、平成26年分の年末調整のしかたのデータも公開されるでしょうから、平成26年4月付の源泉所得税の改正のあらましと合わせて目を通しておきましょう。

こうやって、少しずつ年末の足音が聞こえてくるんですね。
毎年あっという間の一年です。

コメント

  1. […] 先日、平成26年分 給与所得の源泉徴収票等の手引が公開されたのですが、ブログを書いた後すぐに平成26年分 年末調整のしかたなども公開されていました。 […]

タイトルとURLをコピーしました