バースデイを朗読しているのは宮本一粋さんだった

スポンサーリンク

ここ最近は、竹原ピストルの曲をヘビーローテションで聞いている。

当初はあまり聞いていなかった曲も聞いている。

それがアルバム「ROUTE to ROOTS」に収録されている「バースデイ」という曲。

この曲は、竹原ピストルのアルバム等に時として収録される朗読物である。
朗読劇団”ぼくら”による朗読である。バースデイに関して言えば、竹原ピストルが朗読に参加していない。

発売から2年たった今までちゃんと聴いていなかった曲。

でも聞いていると元気がでる系の曲、朗読であった。
また、メインで朗読している女性の声も心地いい。

一体誰が朗読しているのだろうと気になっていた。

調べてみると、バースデイはThe Sugarcubes (ザ・シュガーキューブス) の楽曲である『Birthday』をモチーフにかかれたものであることを知った。

バースデイには、ちょっと変わった女の子が登場するのですが、原曲にもその女の子は登場していた。
直訳したような日本語訳しか見てないのだけれど、竹原ピストルの書いたバースデイのほうが好き。

肝心の朗読している女性は誰なのか確信は持てなかったのですが、本人からそうだという返事を頂いた。

「ROUTE to ROOTS」に収録されている「バースデイ」を朗読しているのは、二千花の宮本一粋さん。

ヘンな話やけど、元ちとせがカバーしたものしか聞いたことがないというThe SugarcubesのBirthdayをモチーフにして作成した曲を本人名義のアルバムで本人ではない人がメイン朗読する曲として収録しているっていうのはなかなか愉快。
結果、ステキな曲が完成しているからいいけれど。

本人ヴァージョンも聴いてみたい。
LIVEとかでもやったりするんかな。

わーわーわー!

タイトルとURLをコピーしました