保育料の算定時期が変わってた

スポンサーリンク

会社経由で平成27年度の住民税の明細が届きました。
正確には、『平成27年度 給与所得等に係る市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書』というやつ。

これは、会社に務めている人ならば毎月給料から住民税として控除されているあれです。
今回届いた平成27年度分で平成27年6月から平成28年5月分までの納付額が書かれています。
これが毎月の給料から天引きされるわけです。特別徴収です。

そんな住民税の明細を確認していたら、一つの疑問が浮かびました。

それは、保育料
うちは平成27年4月から幼稚園に通いはじめ、保育料も決定されたのですが、その保育料額と今回届いた明細書では区分が違うのです。

もしかしたら「市民税課か保育幼稚園課のどちらかが計算を誤ったのではないか」と思い確認しました。

すると、今現在確定している保育料は前回の住民税区分を受けて決定しており、今回届いた6月からの住民税区分は9月に行われる保育料の算定時の資料になるとのこと。

なるほど、保育料って一年間ずっと固定だと思っていたら違うのですね。
少なくとも4月と9月の2回、保育料の見直しがあるようです。

めんどくさいね!
住民税自体も平成27年度といいながら、6月分からで、既に年度はじまってますやん!
そのせいで、保育料も年2回算定しなければならないのではないか。
そのせいで無駄な人件費という名の税金も増えているのではないか。
と勘ぐってしまいます。

年に一度の算定で、なにか事象があった場合に随時改定でもすりゃいいのではないかな。

次の保育料算定時には保育料が下がる可能性が出てきたから言うてるだけで、逆に上がる場合は、こんなこと言わなかったでしょうがw

[AdSense]

スポンサーリンク

保育料の算定時期は変更された?

これまでは、4月~6月分の保育料については前々年度の世帯所得税額の合算額または市区町村民税の課税状況により保育料を決定し、7月~翌年3月までは前年度の世帯所得税額の合算額または市区町村民税の課税状況により保育料を決定していたようです。

今回問い合わせして返ってきた答えは9月に行う算定の資料と言っていましたから、算定の時期が変更されたようです。

この部分に関して、今回保育料が下がる可能性がある私にとってはちょっと辛いところ。
旧来ならば、7月から減額されてたのが、2か月遅くなるのですから。

そういえば、平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」が始まりましたからその影響で保育料の算定時期が変更されたのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました