これ以上完璧な執筆環境ってあるの?

ソフト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ulysses と Write for iPhone

長文を書くのにアウトライナーを探していた。
その中でMarkDownも扱えるということで、「Ulysses」を使ってみることにした。
「Ulysses」はMac版の他に、iPad版はあるが、iPhone版はないようだ。

調べてみると、同じとこが出している「Daedalus」で連携できるようだ。
しかし、「Daedalus」は有料アプリであり、その上機能制限付き。
機能を開放するには、さらにアプリ内課金が必要だ。

他に何かないかと探していると、「Write for iPhone」がMarkDownを扱えていいという。

iPhoneでは「Note&Share」で書いていたが、「Write for iPhone」は.mdファイルも扱えるしいい感じ。

ファイル置き場をDropboxにすれば、「Ulysses」と「Write for iPhone」どちらからも扱える。

「Write for iPhone」はMarkDownExtraも使えるようで、定義リストにも対応していた。
それだけで、「Note&Share」から乗り換えることにした。

Ulysses
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル


Ulysses for iPad
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル


Daedalus Touch –iCloudのためのテキストエディタ
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル


Write for iPhone – A Note Taking and Markdown Writing App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


Note & Share – 豊富な連携, 高速起動, 多機能メモアプリ
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

気になる点

ざっと使ってみた感じ、「Ulysses」と「Write for iPhone」 どちらも普通に改行すれば、MarkDownプレビューでも改行されている。

通常、MarkDown記法で改行するには、文末に半角スペースを2つ入れなければならいが、アプリ内で補完してくれているようだ。
ただし、実際にファイル上に半角スペースが挿入されるわけではないので、他の対応していないアプリからみたら、改行されていない文章だから、プレビューしても改行されない。

なので、改行時には半角スペースを挿入し忘れないようにしなければならない。

[AdSense]

Write for Macを使用しない理由

「Write for iPhone」を使用するならば、「Write for Mac」を使用すればいいじゃないか。
なぜ作者の違う「Ulysses」を使用するのか。

という疑問がある。
確かにその通りだ。

しかし、「Ulysses」はアウトライナーを探しているなかで使ってみようと見つけたアプリであり、「Write for iPhone」はiPhoneで外出時のスキマ時間に書けるように探したアプリである。
そもそも「Ulysses」にiPhone版があれば、それを試していただろうし、「Write for Mac」はアウトライナーではないのだから、こういう組み合わせになったのだ。

Write – A Beautiful Markdown Note Taking & Writing App
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

まだ環境は整っていない

今回、新しい環境を紹介してきたが、今この文章を書いている環境はSublimeText3だ。
なぜ新しい環境で実際に書いてみないのかといえば、マシンがWindowsだから。

作業フォルダはDropboxにしているので、MacやiPhoneからも参照できるが、「Ulysses」と「Write」がないWindows環境では、相変わらずSublimeTextでカキカキしている。

まぁ、文章の入替えなどがそこまで必要ないブログ程度の記事ならば、アウトライナーである必要もない。
MarkDown記法が使えて、MarkDownをプレビューできれば、とりあえずは大丈夫。

もし、Windowsで長文を書く場合も、とりあえず文章を書いて、Macで整形するという流れになるだろう。

とりあえず環境が整ってきたという感じだが、実際にがしがしと「Ulysses」で長文を書いている状態ではないから、しばらくしたら、また不満点なども出てきてくるかもしれない。
まずは、実際にいろいろやってみて使い勝手を試そう。

コメント

  1. […] 前回、『これ以上完璧な執筆環境ってあるの?』の中で、アウトライナーとしてMarkDown記法が使える「Ulysses」を使い始めたと書きました。 […]

タイトルとURLをコピーしました