電子レンジで紙コップを使っちゃダメ

スポンサーリンク

クックパッドなどのレシピサイトに「電子レンジでかんたんカップケーキ」などと謳うレシピがありますが、これを真に受けて電子レンジで紙コップを使ってカップケーキを作るのはやめておいたほうがいいでしょう。

なぜならば、一般的な紙コップは電子レンジに対応していないからです。

一般的な紙コップの素材はもちろん紙ですが、それだけでは水分がにじみ出てしまいますので、内側にはポリエチレン(PE)と言う樹脂でコーティングされています。

このポリエチレンの融点は100~120℃ですので、高温で加熱するとポリエチレン樹脂が溶けてしまいます。

なので一般的な紙コップは内容物が100°C以下のものであることを想定されています。

ならば紙コップを電子レンジで使用する場合は100℃にならないように気をつければいいということです。

ですが電子レンジで加熱した際のなかの温度は外からではわかりませんし、加熱する際に油分があると、かんたんに100℃を超えてしまうことがあります。

カップケーキを作るために内側にバターなどを塗っていたらかんたんに100℃を超えるでしょう。

そうなってしまうと紙コップをコーティングしているポリエチレンは溶け出してしまいます。

なのでメーカーは紙コップを電子レンジで使用することは不可としています。

もちろんオーブンやオーブントースターも同様に使用不可です。

へたすりゃ燃えます。

ちなみにポリエチレンは炭素と水素からなっており、人体には無害ですし、通常ならば食品衛生法に適合するポリエチレンでコーティングしているはずですので、もし温度が100℃を超えてポリエチレンが溶け出して、それを口にしたとしても人体への影響はありません。

手軽さをとって電子レンジで紙コップでカップケーキを作るかどうか決めるのはあなた次第です!

もちろん自己責任で!

私が電子レンジでカップケーキを作るのなら、紙コップにこだわらずに耐熱容器を使用しますね。

タイトルとURLをコピーしました