レビュー

スポンサーリンク
レビュー

夢をかなえる「そうじ力」

舛田光洋著夢をかなえる「そうじ力」読了。
レビュー

世界の中心で、愛をさけぶ

 俗に言う、セカチュー。以前、彼女が漫画を持っていたので、読んだことがあったのだが、どうやら映画の方とは全く違っていた。原作は読んでないのだが、おそらく原作通りなのかな?と思ったが、amazonに書かれて...
レビュー

何者でもない@原田宗典

 読了。といっても三四日くらい前になる。ただ書き忘れてただけ。少し時間が空くと、星新一先生のショートショートを読み、結構まとまった時間が空くと、この本を読んでいた。
レビュー

きまぐれ暦@星新一

 ショートショートではなく、昭和四十五年の秋頃から昭和五十年の秋頃に書かれたエッセイをまとめたもの。エッセイとは筆者の思いや考えが物語として間接的にではなく、言葉として直接読み取れるものであるから、...
レビュー

だれかさんの悪夢@星新一

 読了。言わずと知れた星新一先生の作品の一つ。買うときはお目当ての本がなかったのだが、タイトルに魅かれて購入。
レビュー

ジョゼと虎と魚たち

 昨日のこと、彼女にビデオやに無理矢理連れて行かれて散々悩んだあげく、新井浩文が出ているという理由だけで選んだのだが、内容に関しては自分の好みではなかった。いや、原作を知らずにいきなり見たのでその違...
レビュー

八月のかりゆし

 八月のかりゆしを見た。 自分は何の前知識も無くいきなり見始めたんだけど、どういった内容の映画なのかまったく解らなかった。おそらくファンタジー映画になるんだろう。何かに誘われて松田龍平演じるテルと従...
レビュー

世にも奇妙な物語

 今回のは、どれも物足りない内容だった。特に最後の『あけてくれ』あれは元ネタの原作を読んだわけではないのだが、稲川順二だか誰かがテレビで怪談話の一つとして話しているのを過去に見たことがあったから、『...
スポンサーリンク