スポンサーリンク
雑学

アメリカでは死体を見せるビジネスがあった

その昔、アメリカでは在任の死体を見せるというビジネスがあった。なかでも、強盗犯エルマーの死体は香油を塗られ、わずかな見物料で多くの人を喜ばせたのだとか。って死体を金を出してまでみたいとは思わないなぁ...
雑学

死んだヤギをボール代わりに行うスポーツがある

アフガニスタンでは伝統的に親しまれている競技に「ヤギのポロ」というものがある。基本的なルールは普通のポロと同じなのだが、ゴールに運ぶのはボールではなく、首を落としたヤギだという。そんな競技はテレビ中...
雑学

死亡記事には無料の人と有料の人がいる

新聞記事に死亡記事がある。その死亡記事には無料で載る人と有料で載る人がいる。その基準は知名度、肩書、実績により社会部デスクが判断して決めている。亡くなった本人にはなんとも薄情な感じである。
雑学

殺人現場で検査官が行うあまり知られていない行動

殺人現場では検査官が到着するとまず現場の写真を撮ってから捜査が始まる。 その中でも、写真を撮った後ですぐに行われているのに、あまり知られていないことがある。
雑学

老化を防止する究極のアンチエイジングは呼吸をしないこと

生きとし生けるものが常に行っていることといえば、呼吸。その呼吸をしないことが老化防止の究極の方法なんだという。呼吸することによって得た酸素は人の全身の細胞の中にあるミトコンドリアに運ばれる。ミトコン...
雑学

江戸幕府の役人は二日働くと次の日は休みだった

現代社会において、働きすぎによる過労死が問題になっていますが、江戸時代の役人は今から考えるとなんとも羨ましい労働条件だったようです。というのも、江戸幕府の役人は、二日働くと、一日休めるという労働条件...
雑学

チョコレートはもともとスタミナドリンクだった。しかも高価な。

今では子どもが大好きなチョコレートですが、その昔は、高価なスタミナドリンクとして飲まれていたそうです。
雑学

孤独死と孤立死の違い

社会問題にもなっている孤独死と孤立死は一見同じように思われがちだが実は違うということをご存知だろうか。 まず、孤独死とは、いつごろから言われ始めたのかは不明だが、1995年の阪神淡路大震災が起こったときに、仮設住宅での一人きりの死を新聞などの報道で孤独死と報道して広まった。
雑学

九死に一生とは本当は助からないという意味の言葉

九死に一生という言葉は中国から入ってきた言葉である。 その中国で、九死に一生とは、助かる見込がないという意味で使われている。
雑学

フランスでは死んだ人とも結婚できる

フランスでは死んだ人との結婚でも法律上認められている。 この法律ができたのは、1803年のこと。時にナポレン皇帝の時代で、戦争が絶えない時代でもあった。
スポンサーリンク